第34回 ナショナル・トラスト全国大会
         -ふるさとの風景の保全と再生-

全国大会は、トラスト活動に関心のある方々への情報発信とトラスト活動を
行っている団体同士の交流を主な目的として開催します。

今年のテーマは「ふるさとの風景の保全と再生」。
各地域のトラスト団体からの報告と、絵本「ピーターラビット」の作者で、
英国のナショナルトラストの発展に多大な貢献をしたビアトリクス・ポター
の生誕150周年を記念した講演を行います。
どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申し込みください。

※このイベントは終了しました。 →開催報告はこちら


■日時
  2016年
124日(日) 10:30~ (10:00開場)

■会場

  日比谷図書文化館 B1F コンベンションホール (東京都千代田区)

クリックするとチラシが見られます(PDF)
■プログラム
【第一部】
10:30 開会  (公社)日本ナショナル・ トラスト協会 会長 池谷奉文
10:45 日本ナショナル・トラスト協会の2016年度の活動報告
11:05 地域からの報告
自然の中に眠り、森を育む -新しいお墓のかたち「森の墓苑」-
(公財)日本生態系協会 主任 服部仁美氏
「墓石の代わりに在来の木を植え、生きものとともに育むことで、かつて開発で失われた森を再び豊かな自然に戻す」というコンセプトのもとに千葉県長南町に開苑した「森の墓苑」。この自然再生墓地の試みについて報告します。
札幌市近郊の貴重な湿原と不法投棄 -裁判所の判決を通して-
認定NPO法人 カラカネイトトンボを守る会 会長 綿路昌史氏
トラスト地への残土搬入は違法だとして業者に事業差止などを求めた訴えは、札幌高裁にて棄却。「土地の特定」が争点となった裁判の経緯を中心に、不在地主が多い原野におけるトラスト活動の現状と課題について報告します。
12:25 休憩(60分間※)
13:25 地域からの報告
30周年を契機とした新事業の展開に向けて
認定NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラスト 理事長 三膳時子氏
1986年の活動開始から30年目を迎え、750haのトラスト地を保全しています。30周年を契機に計画している、小学校の廃校舎を使った湿原のPRや、漁業と酪農の町・浜中町の豊かな「食」の発信など、地元に密着した新しい事業について報告します。
14:05 講演
ピーターラビット・シリーズの舞台:
湖水地方の美しい風景とビアトリクス・ポター

大東文化大学 英米文学科 教授 河野芳英氏
今年、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念して全国6カ所で巡回展示されている「ピーターラビット展」の監修も務められている河野先生に、自然保護活動の先駆者であるポターの湖水地方に寄せる思いや英国ナショナル・トラストとの関係についてお話いただきます。
14:55 閉会  (公社)日本ナショナル・ トラスト協会 副会長 漆畑信昭

【第二部】 交流会 (15:00~17:00)
 B1F ライブラリーダイニング日比谷

※ 昼食について
休日は会場施設内や近隣のレストラン・カフェが混み合いますので、ご注意ください。会場はフタ付きの飲み物以外の飲食は禁止となっていますので、昼食を持参される場合は、日比谷公園など施設外でご飲食いただきますようお願いします。
(なお、当日は会場のある日比谷公園の噴水広場にて「ご当地鍋フェスティバル」が開催されます。)



■参加方法  ■参加費
  ※当日参加も受け付けております。
  参加ご希望の方は①~⑤について、TEL、FAX、E-mail の
  いずれかでお知らせください。
  第一部 500円  第二部 3,000円
  (当日、受付にてお支払いください。)
  ① 参加希望の部 [ 第一部(500 円)、第二部(3,000 円) ]
  ② 氏名
  ③ 住所
  ④ 連絡先(TEL、FAX、E-mailのいずれか)
  ⑤ ご所属(団体名・会社名などあれば)
 ※定員に達した場合のみご連絡いたします。
  ※お預かりした個人情報は、当協会のプライバシーポリシーに基づき、
   適正に管理します。


■主催 ■後援
 (公社)日本ナショナル・トラスト協会   環境省


■協賛
 (株)竹中工務店、三井住友信託銀行、(株)日本色材工業研究所、(株)河出書房新社




■過去の開催記録
  2009年度   2010年度   2011年度   2012年度   2013年度   2014年度   2015年度